記事

シーズン到来!そうめん大試食会!

編集:島原の町の話題をお届けする島原街ネタ研究所。今回はそうめん業者8社にご協力いただき食べ比べ!また年中楽しめるそうめんの新しい食べ方を教えて頂きました。動画も公開中です。


↓↓↓↓↓クリックすると動画が開始します。↓↓↓↓↓
まゆ:今回の『島原街ネタ研究所』では南島原市内で販売製造されているそうめんを大集合させ食べてみたいと思います。レポートしていただくのはこちらの方々です。
軍司:南島原市地域おこし協力隊ブランドコーディネーターの軍司です。ラーメンイケメン僕そうめん!よろしくお願いします。
田中:南島原市地域おこし協力隊の田中ともうしますそうめんの色んな食べ方を見せて頂けるということでよろしくお願いします。
おばっちょ:カボチャテレビのおばっちょです。今日はそうめんの食べ比べということで飛んでいきましたよろしくお願いします。

コメンテーター

まゆ:今回は、冷やしそうめんだけではなく、年中そうめんが楽しめるオリジナルレシピもご紹介いただきます。軍司さんと田中さんは 島原手延べそうめんに色んな食べ方があるのご存知ですか。
軍司・田中・おばっちょ:知りませんでした。
おばっちょ:普通の温かいものと冷たいものしか知りませんでした。
まゆ:島原手延べそうめん と言うと島原半島を代表する食べ物として有名ですよね。 贈り物としてもいいですし 自宅用でもおなじみのあるものだと思います。夏に食べるもの というイメージが強いですよね しかし一年を通していろんな食べ方ができるんですよ。様々な製法がありますが 島原手延べそうめんはこの手のべ というところが特徴的です 。
おばっちょ:そうなんですね。どこも一緒だと思ってました。
まゆ:いやいや違うんですよ 。南島原市だけでも 300件ほどそうめん業者がありますが それぞれに特徴も味も違います。各店が切磋琢磨し、個性豊かなそうめんが作られています。
おばっちょ:いろいろなイベントは店頭でそうめんを目にする機会が多いですけれどもそれぞれ特徴などがあるなんで知りませんでした 今回色々食べてみて新しい発見ができそうですね。
まゆ:また今回は素麺の特徴をいかした食べ方教えて頂きます。 レシピをご紹介いただき 実際に作っていただくのはこちらの方々です 。
参加いただいた方々


有限会社手延べ陣川

陣川:当社の麺氏は日本の職人の中で一人だけ『現代の名工』の称号をいただいています。名工がこだわり全国から集めた小麦粉と北有馬の南島原のおいしい水で作り上げたコシがあって美味しいそうめんです 。オススメレシピは『そうめんのレインボー焼きピザバージョン』です。お好み焼きソースでお好み焼風や、ネギを入れて 韓国風にもできます。そのままで離乳食にもおすすめです。』
田中:早く食べてみたいですね。現代の名工が作る麺、楽しみです。
おばっちょ:コシがあって、歯ざわりが凄くなめらかですね。
軍司:ピザの方はそうめんでできているとは思えないですね。立派なピザです。

レシピはこちらからどうぞ。


のうち製麺

まゆ:次はのうち製麺さんです。かっこいいTシャツですね。
のうち:『のうち』の文字と販売している商品名が書いてあるんですよ。
まゆ:香ばしい香りがしてますが、オススメレシピをを教えてください。
のうち:おすすめレシピはそうめんたこ焼きです。夏場は食べきれなかったそうめんが出来ると思いますが。それを活用して、子供達も楽しめますし、女子会等にもおすすめできます。たこ焼き器の前で楽しく作れますよ。3種類ご準備しました。
田中:冷やしそうめんも真っ白できれいですね。
軍司:コシ、スッとしたのど越し…申し分なしです。明石焼きは素材の味が強く感じられてダシともよく合います。
おばっちょ:たこ焼きはそうめんとソース・マヨネーズの相性がいいですよ。フワフワした食感です。
田中:チョコ味は常識を覆しますね。ヨーロッパの米菓子見たいです。そうめんの食感はしっかり残っています。

レシピはこちらからどうぞ。


本多兄弟商会

本多兄弟商会:当社のそうめんはシャキシャキした歯ざわりとのど越しを楽しんで頂けるように作っています。おすすめは巻きずし・いなりずしです。夏だけではなく通年、そして家族のイベント等で食べて頂きたい一品です。手巻きずしにアレンジして、みんなで巻いてワイワイ食べるのも楽しいですよ。
軍司:見た目から既にコシを感るそうめんですよ。おすしもうまく違和感なくマッチングしています。
田中:歯ごたえがシャキシャキしています。清涼感のある麺ですね。
おばっちょ:目で楽しめますね。
軍司:巻きずしはサラダ巻と梅しそ巻ですね。そうめんを意識せず、美味しいお寿司そのものを食べているみたいです。いなりも美味しいですよ。

レシピはこちらからどうぞ。


竹市製麺

竹市:新しい食べ方として、豚肉の胡麻ラー油つけ麺を紹介します。夏でも冬でも美味しく食べられる一品です。卵黄をいれて最初はまろやかに、最後にピリッと辛みを感じるようにしました。辛いものが苦手な方もスッと食べられますよ。是非皆さんにも試していただきたいです。
おばっちょ:ツヤツヤしてやさしい感じのそうめんですね。
軍司:つるっとは入ってきます。
おばっちょ:つけ汁はゴマ油とラー油のいい香りがして食欲をそそります。ピリッとした辛さと豚肉・麺つゆの旨味がガツンときますよ。ものすごく美味しいです。
田中:女性でも食べやすい辛さですよ。卵黄のまろやかさと玉葱の甘みが引き立てていますね。

レシピはこちらからどうぞ。


川上製麺

川上製麺:厳選した小麦粉をブレンドし、五島産の塩と雲仙の麓から湧き出る湧水を使って30時間かけて製造しています。オススメは『冷汁ぶっかけそうめん』です。
軍司:30時間かけただけあって、玉のような輝きです。
田中:甘みを感じます。のど越しもすごくいいですよ。
おばっちょ:冷汁も美味しそうですよ。冷汁初めてで楽しみです。
田中:冷汁に麺を入れて食べたのは初めてです。新鮮ですね。夏にオススメです。
軍司:爽やかな食感・のど越しですね。

レシピはこちらからどうぞ。


本多製麺

本多:本日ご紹介するのは手延べ製法で作った生パスタです。デュラム小麦100%で作ってあります。通常のものとイカスミを練り込んだものをお持ちしました。
田中:手延べ製法のパスタは初めてです。イタリアを思い出します。
軍司:冷やしの方もそうめんと違う美味しさがありますね。あっという間に食べてしまいました。
おばっちょ:イカスミの方は麺に練り込んであることで、イカスミをダイレクトに感じます。歯が黒くならない!!画期的ですね。女性に人気が出ると思います。
田中:イカスミの甘みを強く感じます。

レシピはこちらからどうぞ。


野中手延製麺

野中:弊社の商品は原料の強力粉を使用し、コシと歯ごたえに特にこだわって製造している商品です。オススメレシピは地元の鶏肉の旨味と新玉ねぎの甘みを活かした『玉葱と鶏肉のスープそうめん』です。
おばっちょ:綺麗な白いそうめんです。『これぞそうめん!』という感じです。
田中:歯ごたえがシャキシャキしています。
軍司:レシピの方はそうめんと新玉ネギが良く合いそうですね。一年中食べられそうです。
おばっちょ:温かいそうめんですが、柔らかくなりすぎずしっかり歯ごたえが残っています。玉ねぎの優しい甘みが広がって、とてもおいしいです。

レシピはこちらからどうぞ。


有限会社ふるせ

まゆ:続いては有限会社ふるせさんです。Tシャツが気になります。
ふるせ:『SOU MEN CITY Tシャツ』です。そうめんの町をPRしています。友人に作ってもらったのですが、弊社のHPでお買い上げいただけます。
まゆ:こだわりも教えてください。
ふるせ:本日は九州でも弊社でしか作っていない生そうめんをお持ちしました。普通のそうめんと比べて、モチモチ感が強い商品です。食べるとすぐに違いがわかると思います。おすすめは生そうめんのバジルソースで和えです。
おばっちょ:冷やしそうめんの方は小麦本来の色が出ていますね。
田中:コシが強くて食べやすいです。のど越しもいいですね。
おばっちょ:レシピの生そうめんはまるでパスタみたいですね。彩りも鮮やかです。
軍司:生そうめんだから弾力があります。すごくモッチリしています。バジルの香りもよく合っています。

レシピはこちらからどうぞ。


まゆ:試食が終わりましたが。 いかがだったでしょうか
軍司:今回初めて食べたレシピが多かったです。 そうめんって四季に合わせて食べられるものなのですね。そうめんの魅力を再発見しました。
田中:温かいそうめん、冷たいそうめんは自家でも食べていたのですが、 いろんなレシピをご紹介いただいて、料理の幅が広がりそうです。実家の母にも教えてあげたいです。
おばっちょ:始めてそうめんを食べ比べたのですが、各店のこだわりを強く感じました。そうめんの可能性を感じました。
まゆ:冷たいそうめんも、紹介いただいたレシピもみなさん美味しく食べられていました。これからご家庭に取り入れられてはいかがでしょうか。島原手延べそうめん、一年中オススメですよ。
ご視聴ありがとうございました また次の機会でお会いしましょう。

イベント告知
2016年4月23日長崎市内帆船まつり島原手延べそうめんの組合の若手の方々がそうめん流し
2016年4月29日南島原市有家町原尾俵石公園 全長100メートルの長いそうめん流しが自慢の 『自然と遊ぼう』
2016年5月4日みずなし本陣深江 南島原よかもん市(商品購入可能)

コメンテーター紹介

軍司宏紀
軍司宏紀
南島原市地域おこし協力隊ブランドコーディネーター。南島原で暮らして約半年。お気に入りは早崎の眺め。現在は、農家さん・漁師さんの六次化(農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態)を進めている。そうめん他にも素晴らしいものがたくさんあり、これらを広く知っていただくことが一番の使命。


田中奈美田中奈美
南島原市地域おこし協力隊ブランドコーディネーター。岩土山と有明海が一望できる山の上から見下ろした風景がお気に入り。物産品や特産品のPR業務を行う。着用している法被に書かれた『おいしい南島原』も南島原市のブランドとして推進している。

ギャラリー

関連記事

ページ上部へ戻る