記事

OPINION「MINAで幸せ~ポストコロナに対応したまちづくりを目指して~ 南島原市長 松本 政博」

1.県内初! 電子地域通貨MINAコイン

少子高齢化や転出超過による人口減少、後継者不足など、過疎地としての諸問題が急速に進行している中、「ひと」の流出だけではなく、市外への「おかね」の流出を抑制する施策として、県内では初となる電子地域通貨「MINAコイン」の運用を2月1日に開始しました。
南島原市内限定で使用できることから市内で買い物をする機会を増やし、加盟店の売上げが拡大することで、市内でお金を循環させ、地域経済の活性化を目指す、全国的にも珍しい取り組みです。
スマートフォンやタブレット端末にアプリをダウンロードし、チャージを行うと小売業、飲食業を中心とした256店舗(2月1日現在)でお買い物などが楽しめます。
また、キャッシュレス決済の普及だけでなく、非接触型での買い物や、レジでの待ち時間の短縮が見込めるなど新型コロナウイルス感染症対策としても期待されます。
今後、MINAコインのさらなる普及に向け、加盟店の拡大のみならず、納税や防災、イベントなどアプリを活用した独自の地域情報の発信も予定していますので、皆さんのご利用をお願いします。

2.自転車歩行者専用道路(サイクリングロード)の整備

かつて市民の暮らしを支えた歴史ある島原鉄道南線。
その廃線跡地を市民の日常を支える自転車歩行者専用道路として再生します。
市民の皆さんの通勤、通学、買い物、または散歩、ジョギングなどの利用をはじめ、来訪者にも利用していただくことで、交流人口の拡大と地域の活性化を図ることを目的とした事業です。
健康で急がない生活スタイルと、熊本県、大分県をつなぐ、「(仮称)九州横断サイクルルート」を見据え、市民や来訪者が地域の魅力をゆっくりと楽しめる仕組み「南島原スロー・サイクル」を創造します。
全線32キロを3地区に分割し、現在は1期地区(加津佐~原城区間)の測量設計業務に着手しており、旧駅舎跡地を基本に拠点となる施設の選定や周辺環境の整備計画の策定を進めているところです。
全体の完成時期としては、令和5年度を目標としており、令和3年度は1期地区の整備の着工とともに、他地区においても測量設計業務に着手する予定です。

 

3.アグリテクノプランの策定

政府が推進しているIoT・AI・ロボットを活用したスマート農業については、生産性向上を図る新技術として注目されている分野であり、本市においても積極的に取り入れていく必要があると考えています。
このため、「南島原アグリテクノプラン」を策定し、島原振興局やJAなどの栽培技術関係者と連携して、テクノロジー関連企業が培ってきた先端技術を率先して取り入れます。
農作業の効率化を図るため、農薬散布など農業用ドローンを活用した実証事業や環境モニタリングのスマート農業機器を導入した農業新技術活用実証事業に取り組み、これらの成果を検証しながら、計画的に対象作物を広げていきます。
併せて、栽培関係者で連携した「スマート農業推進協議会」を立ち上げ、スマート農業の技術習得に向けたセミナーの開催や、テクノロジー関連企業と共に労働力不足を補う先端技術の調査・研究を実施していきます。

 

4.島原手延そうめん産業の振興・シティプロモーションの推進

新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり消費などで、そうめんの需要は増加しており、相次ぐ災害に対する家庭内備蓄用としても注目されています。
全国2位の生産量を誇る、本市特産品の一つ「島原手延そうめん」の認知度を高め、価格上昇を図ることを目的として、これまで首都圏や九州圏においてテレビCMの放映や衛生面の強化のためのHACCP導入支援事業などに取り組んできた結果、認知度も向上してきています。
その他、本市の知名度を国内外で高めるためのシティプロモーション事業に取り組んでおり、今年度は本市を舞台にしたショートアニメ「巨神と氷華の城」を制作公開しました。
インバウンド向けの外国語字幕でも視聴することができ、 YouTubeの動画再生回数は11 0万回を突破するなど、若い世代をはじめとした多くの皆さんにご覧いただいています。
また、世界文化遺産「原城跡」や島原手延そうめんをはじめ、本市の魅力的な観光資源や特産品などを全国に発信するために制作した、観光ブランディングムービー「突撃!南島原情報局(神回)」を先日YouTubeで公開しました。
今回のムービーで主演を務めたのは、ドラマやCMなどで大活躍中の満島ひかりさんです。
地方自治体のPVへの出演は南島原市が初で、今回は1人で複数人の役を演じていただきました。
本市の魅力が詰まった映像をぜひご覧いただきたいと思います。
まだコロナ禍にありますが、市民の皆さんが安心して安全に生活ができるよう「住み続けたい」また、市外の方が「住んでみたい」と思っていただけるよう、皆さんと知恵と力を結集し新たな日常に対応した、まちづくりを進めてまいりたいと考えていますので、引き続き、皆様のご協力をお願いします。

 

松本 政博(まつもと・まさひろ)

プロフィール
昭和23年 4月生まれ。
昭和42年 口加高校卒業。
平成7年~平成18年 加津佐町議会議員。
平成14年 口加高校PTA会長。
平成18年~平成26年 南島原市議会議員。
平成20年 口加高校同窓会会長。
平成26年 南島原市長初当選。
以後2期当選。

関連記事

イチオシ加盟店

  1. 山之内
  2. 有限会社サトーコーポレーション(環境エコ事業部)

加盟店一覧

最新号

こちらもどうぞ!

いいね!もおねがいします

島原街ネタ研究所

ページ上部へ戻る