記事

アサミーのこんな曲お届けしました☆(第3回80年代生まれの男性アーティスト編)

みなさんこんにちは。
3回目となります「アサミーのこんな曲お届けしました☆」。
このコーナーでは音楽大好きアサミーが、自身のパーソナリティ番組「WALKIN しまばら」の中でお届けしたナンバーから、毎回テーマに沿った3枚をピックアップ&クローズアップしてご紹介します。

今回は「80年代生まれの男性アーティスト」3名の魅力に迫っていきます。

星野源「YELLOW DANCER」

まず一人目に紹介するのは2015年のNHK紅白歌合戦に初出場が決まった、星野源さんです。
1981年、埼玉県生まれの星野さんは、まさに今年の顔と言えるのではないでしょうか。
これまではサブカルチャー女子のアイドルと称されることが多かった星野さん。
今年はドラマ主題歌にもなった「SUN」の大ヒット、俳優としてドラマ「コウノドリ」への出演、そして12月リリースのアルバム「YELLOWDANCER」の大ヒットと快進撃を続け、テレビで目にする機会の増加とともに旬なメジャーエンターテイナーの一人になっています。
この「YELLOW DANCER」の収録曲は全体的にブラックミュージックの香りが強く漂う一枚。つい体が動く心地よいリズム、そこに乗ってくるのがなんとも日本情緒あふれるメロディ。
わたしたちが星野源をすんなり受け入れるふたつの要素がぎっしり詰まったアルバムです。
星野さんはマイケルジャクソンが大好きでこれまでもソウル、ファンクミュージックの影響が濃い楽曲を作って来られました。
タイトルのYELLOW、ジャケットの日本髪の女性、ところどころに散りばめられた民謡や演歌を思わせる四七抜きのメロディ。
星野源のパレットの中で愛と執着を込めてこねられた黄色と黒が、色とりどりの楽曲になってこのアルバムに収められている、そんな一枚です。

高橋優「笑う約束」

二人目は、1983年秋田県生まれの高橋優さん。
黒縁眼鏡がトレードマークの高橋さんは「今日思ったことを今日歌う」というスタンスで活動され「リアルタイムシンガーソングライター」と称されたりしています。これはそのままアルバムタイトルになったキーワードでもありますね。
そんな高橋さんが2015年にリリースしたのがメジャーデビュー5周年記念ベスト「高橋優BEST 2009-2015 笑う約束」。
これまでに発表した全シングルを含め、本人が選曲したナンバーが2枚組全30曲のボリュームで収められています。
高橋さんの楽曲には、喜怒哀楽がくっきりと強くにじみ出て、ときには心地よく聞き流せないこともあります。
「日本が戦場になっても聴いてもらえるような曲を」と、極限を想定して制作する高橋さんの覚悟が、歌詞のそこかしこから溢れてイージーリスニングを許さない。
それでもCDが売れないといわれる今日に、オリコンランキング3位獲得、ランクイン回数21回という数字を残しています。
「お前の曲はすぐに古くなる」と言われたデビュー直後。
それでも常に「今」の気持ちを乗せて歌う言葉は、気恥ずかしいくらいにストレート。だからこそ、丸腰でいることの強さを見せ付け、聴く人の心を掴むのでしょう。
「誰かの居場所になりたい」という思いを形にした1枚目2曲目「明日はきっといい日になる」はちょっと弱った背中を暖かく押してくれますよ。

清竜人「BEST」

最後に紹介するのは、1989年大阪生まれの清竜人さん。
15歳から楽曲制作を始めた清さん、なんとデビュー前にもかかわらず綾瀬はるかさん主演映画の挿入歌として楽曲提供をし、業界の注目を集めます。
その後19歳で業界の注目を浴びながらメジャーデビューを果たし、6枚のシングルと6枚のアルバム、2014年にはベストアルバムをリリースしました。
存在感を見せ付けたデビュー曲「MorningSun」、AOR好きの大人でも満足できるスタイリッシュなポップナンバー「ジョン・L・フライの嘘」とトラックが進み、赤裸々な歌詞のインパクトと声の甘さが際立つ代表曲「痛いよ」までたどり着く。
どこまでもスイートな清竜人節を楽しめる、かと思いきや予定調和を揺るがすのがこのアルバムの面白いところ。
声優・堀江由衣さんと5人の外国人キャストを迎えて飛び出す9曲目「CANYOUSPEAKJAPANESE?」からのメタモルフォーゼ。
部屋の隅でピアノに向かい口ずさんでいた少年は、気がつけば大ホールいっぱいに駆け回るエンターテイナーに変貌を遂げ、聴く人の心地よさをどんどん裏切っていく。
きゃりーぱみゅぱみゅから「天才、追いかけたい」、椎名林檎から「国宝」と賞賛された才能がたっぷり楽しめる一枚です。

ちなみに彼の所属ユニット「清竜人25」というアイドルユニットは、一夫多妻制アイドルという前代未聞の設定で話題を呼んでいます。
6人の妻(!)と歌い踊る清さんの姿。いつのまにか設定の可笑しさを忘れて引き込まれてしまう楽曲のポップさとキレッキレのダンス。
こちらも必見です。

というわけで、今回はこのへんで。
毎週月曜・火曜・金曜の午後2時は、ホッと一息気分転換できるような話題とともに、楽しい音楽をお届けします。
「WALKINしまばら」どうぞお楽しみに~!

autherアサミーauther:アサミー
静岡県浜松市出身。2015年FMしまばら入局。
3歳からピアノ、14歳から声楽を習いクラシックを学ぶかたわらロック、ファンク、ジャズ、プログレからアイドル、懐メロまでなんでも嗜む雑食系音楽好き。
趣味はひとりカラオケ。現在「みついのきっちりキッチン」「WALK IN しまばら」を担当中。

過去の記事はこちら。
「第2回コラボレーション編」
「第1回ピアノ編」

関連記事

イチオシ加盟店

  1. 山之内
  2. 有限会社サトーコーポレーション(環境エコ事業部)
  3. ビ・セラ&BODY STUDIO HOTELシーサイド島原店
  4. リサイクル九州・島原

加盟店一覧

最新号

こちらもどうぞ!

いいね!もおねがいします

島原街ネタ研究所

ページ上部へ戻る