人物・島原の歴史シリーズ

  1. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~⑥「口之津港ターミナルビル(外観)」

    〈初めに〉宮崎徳市さんのこと温泉鉄道の工事を担当した人物が宮崎徳市である。1891(明治24)年に杉谷村で生まれ、島原鉄道創立と同時に入社し、3年間技手として鉄道敷設に努めた。弱冠23歳時、南薩鉄道技師長心得となって実測に従事。

  2. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~⑤「旧口之津鉄道廃線を行く」

    〈初めに〉植木元太郎所感「口之津鉄道全通について」交通機関の完備は、地方文化の発達に欠く事のできぬ要素である。国際間でも鉄道や航路の長短は直ちにその文野貧富の占うに足りる。

  3. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~④「島原駅中心」

    〈初めに〉昭和初年の「島原における民謡」に…すでに島原のコマ―シャルソングがあった。

  4. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~③「多比良~三会」

    〈初めに〉機関車・植木元太郎霊丘公園の植木元太郎寿像台石に、「植木翁は、機関車となって、島原半島の文化、産業、政治、観光、などを牽引した、、、、」と宮崎康平さんの讃が刻まれている。島原の長い歴史を語る上で、翁の活動を抜きに話せない。島原地方の“巨星”であり、今も輝いている。

  5. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~②「愛野~神代」

    〈初めに〉各工区着工~開通(年月日)第1工区諫早駅工事着工 (1909年10月 1日) ~愛野駅開通 (1911年6月18日)第2工区愛野駅     (1911年10月24日) ~神代駅 (1912年9月30日)第3工区神代駅     (1912年 8月15日) ~大三東駅 (191...

  6. 乗って島原鉄道~島鉄沿線歴史の旅~①「諫早~愛野」

    〈初めに〉ある日、諫早駅から一気に島原鉄道を乗りつぶしてみようと試みた。諫早駅出発時には学生たちで一杯。帰宅時間と重なったので賑わっていた。今年の『もっぱら島原』は、のんびりと旅人になったつもりで路線沿いにさらいてみよう。そして何かを見つけ出し、島原の今と昔を考えてみよう。

  7. 松尾先生のおはなし・島原の歴史 第10回 さびしい同窓会

    〈はじめに〉みんなどうしているかなすっかり暖かくなった月夜の晩です。隣の清春おじさんの家に、次々とお客さんがやってきて、なにやら遅くまで話がはずんでいます。道子さんの家の本家です。「おはようございます、おじさん。

  8. 松尾先生

    松尾先生のおはなし・島原の歴史 第9回 一号機関車発車

    1、弱虫機関車「一号機関車、発車!」 金子駅長さんが白い手袋の右手を挙げ、力強く言いました。<ピィーッ> 汽笛を鳴らした吉村運転手さんがレバーを引くと、一号機関車は静かに動き出しました。

  9. 松尾先生のおはなし・島原の歴史 第8回 カナダ移民第一号・永野万蔵

    〈はじめに〉藩政時代は宗門改が厳しかったから、離村は難しかった。明治のご一新で自由になると、仕事を求めて海外に出掛ける人も多かった。そして「ファーストジャパニーズ」となり、移住先の発展に功績のある人も現われる。その中の1人が、口之津出身の永野万蔵だ。

  10. 松尾先生のおはなし・島原の歴史 第7回 島原城のつぶやき

    〈はじめに〉2024年は島原城ができて400周年、島原城下町が開かれて400周年となります。それで島原市では400年記念事業に取りかかっています。島原の元を築いた人は、松倉重政公です。

イチオシ加盟店

  1. 有限会社サトーコーポレーション(環境エコ事業部)
  2. 山之内

加盟店一覧

最新号

こちらもどうぞ!

いいね!もおねがいします

島原街ネタ研究所

ページ上部へ戻る