記事

OPINION「メディアリレーション(株)営業マネージャー新諒平」

大手企業からIT会社へ転身、都会のセンスで新しい風を島原半島に

この5月から南島原市のメディアリレーションで仕事をすることになりました。
まだこちらに来て1ヶ月弱、全くの新人です。
と言っても会社勤めの経験は7年間のキャリアがあるんですよ。

大学を卒業して富士フィルム(人事部)に3年間、それからプルデンシャル生命保険で4年間営業を経験しました。
大手企業でスタッフとラインの両方を経験したのですが、私自身は以前からスーツのブランド製品の立ち上げなどにもチャレンジしてみたい、などといった思いも常に心に秘めていました。
今回、縁あってメディアリレーションにお世話になることになったのは、東京の六本木に本社がある親会社(株式会社フィルアップ)の佐々木善浩社長との出会いです。

ちょっとした切っ掛けでたまたまお会いした佐々木社長と仕事や人生観などを話している時、南島原市での事業のことを知ったのです。

昨年6月には初めて佐々木社長と一緒に南島原を訪れました。
この時は長崎空港を経由して諫早から島鉄に乗ってきたのですが、きれいな海と山が車窓に迫る美しい風景にすごく癒され都会にない新鮮な印象を持ちました。
それから暫くしてもう一度南島原を訪れたのですが、この時は福岡空港から熊本へ移動し海路熊本港からフェリーできました。
海から眺める景色もすばらしかったですね。

現在の会社に入社を決めた今回が3度目の来島となったのですが、今回はクルマで来ました。
東京から倉敷までは自分1人で運転し倉敷で社長と落ち合って一緒にきたのですが、3回とも交通手段は別ルート。
島原半島への主要アクセスも全て体験しました。

東京からクルマを運転して・・となるとなかなか大変そうですが、もともと体力には自信がありますから大丈夫です。
中・高校時代はずっと野球部で外野手でしたがクリーンアップを打っていたんですよ。
高校時代に同期だった仲間には現在プロで活躍している選手もいますよ。

進学した立教大学ではずっとアメリカンフットボール部に所属しランニングバックをやっていました。
野球とは異なるのですが激戦の関東大学リーグではずっと1部リーグ(現トップ8)として4年時には主将も務めました。
卒業後もアメフトの興味は断ちがたく富士フィルム在職時の3年間は実業団(X)リーグの明治安田パイレーツでもプレーしました。
まあ、学生時代からこんな感じでしたから体力には自信があるんですよ。

ところで本社のサテライトオフィスとして2013年4月に開設されたメディアリレーションは、南島原市で廃校となっていた旧山の寺分校(深江町)を市や地域の皆様方のご協力をいただいてオフィスとして再利用させて頂いています。

メディアリレーションのオフィス

メディアリレーションのオフィス

Webデザインやグラフィックデザイン、インターネットの求人サイトなどの運営を行っていますが、私はその営業マネージャーとして半島のマーケットを開拓する役割を担っています。
毎月の半分は東京に戻って営業を行っていますので関東地域と島原半島のビジネスマッチング(協働)も進めていければ良いなと考えています。

また今後は島原半島の優れた商品や名所旧跡などもどんどん海外にも発信し、海外からの観光客誘致などにもつなげていきたいと大きな希望も抱いています。

旧山の寺分校だったオフィスを最初見た時は、分校という存在そのものを知らなかったこともあり正直驚きましたが、住民票をこちらに移した今日ではそれが逆に新鮮でやりがいのあるオフィスと感じています。

赴任したばかりの今はまだ半島のことを完全に理解しているわけではありませんが、こちらにきてまず感じた事は魚や野菜などの食材が新鮮で美味しいということですね。
しかも物価が安く親切な方々が多い。
それと運動をやっていた私が感じたのは半島のサッカー熱の高さですね。
昔からのサッカーどころということもあってそのスピリットはすごいと思います。

せっかくこちらに来たのですから、棚田や加津佐のビーチなど観たいところやトライしたい事はいっぱいあります。
仕事の合間や休日にはサーフィンやジョギングも楽しみたい。
どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。
これらの経験がこちらでの仕事や半島情報発信の源としてビジネスにつながっていければ最高ですね。
 

新 諒平(あたらし・りょうへい)
オピニオン (2)プロフィール
1987年、埼玉県行田市生まれ。
高校・大学は立教で運動に没頭した根っからのスポーツマン。
メディアリレーションへの単身赴任も自身で決断した。
一人っ子だが「両親はいつも自分の意志を尊重してくれる」と感謝の念は忘れない。
こちらでは会社の社宅に住み毎日車で山の寺のオフィスに通うが、外食して帰ることが多く「まだほとんど自炊はしていない」。
こちらの人達は奥ゆかしいのか、地元の良さに気付いていないことも多いのでは、との感想も。

関連記事

イチオシ加盟店

  1. リサイクル九州・島原
  2. ライフ ステップ リセット
  3. ビ・セラ&BODY STUDIO HOTELシーサイド島原店
  4. 有限会社サトーコーポレーション(環境エコ事業部)

加盟店一覧

最新号

こちらもどうぞ!

いいね!もおねがいします

島原街ネタ研究所

ページ上部へ戻る