記事

スクール最前線 “番外編”「雲仙自動車学校」

心の運転「思いやりと・譲り合い」

昭和38年に指定自動車教習所の認定を受け、半世紀以上にわたり初心運転者教育・初心運転者講習・取得時講習・高齢者講習など実施してきた雲仙自動車学校。
延べ45,000人以上の卒業生を輩出し、島原市民の生活の足を陰ながら支え続けてきた。
平成23年には萩原2丁目(島原工業高校から市役所方面へ向い右手)に新築移転。
明るくきれいな校舎で生徒数も増加。
島原半島No.1の自動車教習所として人気を博している。

同校は一般的な教習所と違い、入校から卒業まで担当教官がマンツーマンで指導する担当指導員方式を導入している。
これにより、生徒の特長や癖・苦手箇所を教官が把握。
生徒各々に合った教習を行うことで、最短期間でスムーズに免許が取得出来る。

この制度を可能にしているのが同校自慢の個性豊かな教官陣。
イケメン教官からお笑い芸人の様にユニークな教官まで、様々なタイプの教官が在籍している。
また、定期的に生徒へのアンケートを実施。
実際に生徒の生の声に耳を傾けることで、それぞれのニーズに合ったサービスが提供されている。
併せて、教官にとっても自身の教習スタイルを振り返るいい機会となり、まさに一石二鳥である。

同校が近年特に力を入れているのが、進学・就職が決まった高校3年生向けの高校生プラン。
高校生やその保護者にとって安心でお得な特典(同校ホームページhttp://www.unzen-ds.jp/参照)が盛り沢山だ。
平成23年の移転以降、下校時に同校に通う高校生も年々増加。
広大な敷地のお蔭で、混雑なくゆとりを持って教習を受講できる。
また、空き時間を過ごす待合スペースは、白を基調としたオシャレなカフェ風の作りで、無線LANスポットも完備され高校生に大好評。
今年も例年通り11月~3月は大混雑が予想されるので、入校のお申し込みはお早めに!同校はCSR(企業の社会的責任)の一環としてFC・雲仙エスティオール(サッカースクール)の運営を行っている。
同チームは、子供たちにサッカーを通じて協調性・自主性・社会性を学ばせたいということで創部された。
キッズ(幼児)・ジュニア(小学生)・ジュニアユース(中学生)の3部門が設置され、今年の長崎県少年フットサル大会では優勝。
見事長崎県代表として全国大会への切符を手にし、ベスト8という輝かしい結果を残した。
今後同チームの更なる飛躍が期待されている。

目を覆いたくなるような悲惨な交通事故が後を絶たない今日。
雲仙自動車学校では、卒業生が加害者・被害者にならぬよう、『心の運転「思いやりと・譲り合い」』を教育理念に掲げている。
明るい交通社会の実現に向け、地域に根差した交通安全指導が同校の一番の使命であると教官全員が共通認識している。

島原半島の高校3年生の皆さん!厳しさの中にも優しさあふれる教官達と一緒に、免許取得してはどうだろうか。
安心・安全なカーライフを送りたいなら雲仙自動車学校で決まり!

雲仙自動車学校
(島原市荻原2丁目5248-1)

雲仙自動車学校

関連記事

ページ上部へ戻る