記事

元気企業『株式会社永石建設』

設計からインテリアまでイメージを形にする建築デザイン工房

普賢岳の美しいスロープが拡がる安中地区の見晴らしの良い高台に今年5月に新築、移転されたモダンな事務所が目を引く。澄んだ空気と豊かな環境に育まれた地域のゆったりとした敷地内の芝生にはフェニックスの樹がゆったりとした雰囲気を創りだしている。永石建設の新しい事務所だ。
1階には同社のインテリアショップ「GARAGE」が入り、2階が個性的な空間のオフィススペースになっている。敷地内にはこれまたモダンな建物のレストラン「SHEF‘SKITCHEN
NAKAMURA」がテナントとして入る。

宮大工のハイレベルな技術をベースに

同社の創業は約60年前にさかのぼる。現社長の永石和人氏の祖父で宮大工の流れをくむ永石一成氏が創業した。以来、事業を継いだ父君から現社長の和人氏が3代目社長として事業を引き継ぐと同時に株式会社に改組した。「先代は島原城の改修工事にもたずさわったことがある」(永石社長)というほどだからこの1件からも技術力の高さがうかがい知れる。
この高い技術力に磨きをかけこれに近代センスのデザインポリシーと徹底的なお客様指向の製品創りを採りいれたのが現社長の和人氏だ。お客様の好みを徹底的にお聞きしてそのイメージを家具や棚、引き出しの取っ手にいたるまでこだわって提供しているという。しかも、これらの製品のほとんどは同社オリジナルの手作り製品が多いというから驚く。
まさに「お客様のイメージを徹底的にカタチにする」という同社のこだわりのポリシーの具現化といえよう。
ちなみに同社の事業の“本物の家づくり”には4つのコンセプトがあるという。
ひとつは社長自らが行うという優れた「デザイン力」、2番目は長崎県内でも数少ないという見やすい「高画質CGパースでのデザイン設計と提案」、3つ目が住む人の健康面にまで配慮した「自然素材と確かな施行」、4つ目が「納得のコストでの家づくり」だ。
「人生最大のお買い物」ともいえる満足の家づくりのために、お客様一人ひとりのご要望に最もマッチした家を提供、サポートしていくためにお客様との対話を重ねながら最適な素材を使って分かり易く一歩一歩着実に製品造りを進める同社ならではの事業姿勢が良く表されている。

デザイン設計からメンテナンスまでをトータルサポート

施工事例(雲仙市)

施工事例(雲仙市)

同社では建物だけでなくお客様の家づくりの細かなご要望にそえるよう事務所の1階に体感型のインテリアショップ「GARAGE」を開設している。
そこでは、お客様の好みや多様なご要望に対応すべくドアノブからキッチンを始め建具類にいたるまで豊富な製品を開発し展示している。これらの製品はお客様それぞれの生活スタイルや使い勝手にあわせて、そのほとんどがオーダーで製作されているものが多いのも他にない大きな特徴だ。
スペース内には自然素材を使った居間やキッズルームなども設けられており、お客様はここで実際に自身の目で製品をみて、触って完成後のイメージを確認することができるので好評を得ているという。また、ここでは時々期間限定の“ゲリラSALE”も行われるというから同社のホームページには我々も普段から目が離せない。

拡大する営業エリア

現在、同社の社員は7名。一般住宅の建築から商業施設やガレージなどの建設、リフォーム、土木工事などまで幅広い業務に対応しているが現在は圧倒的に住宅建設が多いという。
前述のように建築にあたってはデザイン設計業務から建築、内装工事、インテリアコーディネートまでそのほとんどを社内で対応しているため、お客様には効率的でコストパフォーマンスの良い品質を提供できるという点も他社にない見逃せない特徴だ。
深江町で創業し島原地区を中心に事業を行ってきた同社だが、最近ではこだわりのマイホーム作りが人気を呼び現在は長崎から大村、諫早の県央地域にまで事業が拡大しているという。設計から大工、内装インテリア工事までの自社施工とお客様の使い勝手など細部にまでこだわった同社の誠意と責任感が多くのファンを引き付ける大きな魅力となっているのは間違いないだろう。

大平食品株式会社
[事務所 島原市鎌田町丁4022]

関連記事

ページ上部へ戻る