記事

島原市シティインフォメーション

活気あふれる島原市を目指し

新年明けましておめでとうございます。

皆様も輝かしい平成30年をお迎えのことと思います。

最近、子育て世代の若いお母さんから「市長さん、島原は本当に子育てしやすいですよ」、「他の市や町の方にも自慢しています」といった言葉をよく耳にしています。

新しい年を迎え、今年も人口減少社会に立ち向かって「とことん子育てにやさしい島原市」を進めていこうと思います。
そのためにも一大農産地の島原の農家の嫁取りや若者の定着のため様々なアイデアを実行に移そうと思います。

現代はインターネットやAIを使い都会の若者が田舎暮らしをしながら大都市とネット環境で同時に働くことも可能です。
また、昨年姉妹都市を結んだ愛知県幸田町からも最先端のベンチャー企業の情報も入っています。
近隣の大学とも連携し、これからの新産業づくりにチャレンジして活気あふれる島原市を目指してまいります。

また、昨年より新庁舎建設のために、64年使用した市役所旧館庁舎を解体し、仮事務所を含む分散庁舎で市民の皆様にご迷惑をお掛けしております。
いよいよ本年は5階建ての庁舎建設工事が始まり、2年後の2020年(平成32年)1月の業務開始を目指しております。

新庁舎は災害に強く、市民の皆様が利用しやすく、特に土・日曜や休日も皆様に使っていただこうと考えております。
工事中は、市民皆様にご不便やご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る