記事

とれまる取材日記9月10月

9月6日「三会小学校でサトシンさんの絵本ライブ」

人気絵本作家サトシンさんをご存じでしょうか?代表作は数々の賞を受賞した『うんこ!』。
数年前から島原でも絵本ライブを行っていて、自作の読み聞かせや、自身が考案した「おてて絵本」などが子どもたちに大人気です。
また、『わたしはあかねこ』や『ごめんなさい』など、大人が読んでも考えさせられる作品も多く、三会小学校での絵本ライブは私も楽しみながら取材させていただきました。
ところで皆さんにも子どもの頃に繰り返し読んでいた、お気に入りの絵本が何冊かあるのではないでしょうか。
私が子どもの頃に大好きだったのは福音館の『かがくのほん 海』という絵本です。
今はもう手元に残っていませんが、砂浜から深海へと、海の生き物などが細かくたくさん描かれていて、一日中見ていても飽きない本でした。
今回の取材をきっかけに調べてみたところ、この絵本は発売以来50年たった今でも販売されているようなので、もう一度買いなおして何十年ぶりかに眺めてみたいと思っています。(M)

 

9月28日「ラグビーW杯パブリックビューイングでトンガ代表を応援!」

ラグビーW杯トンガ代表の公認キャンプ地の島原市で、トンガ代表チームを応援しようと、大勢の市民やラグビーファンらが集まり、トンガVSアルゼンチン戦をパブリックビューイングで観戦しました。
島原ラグビーフットボール協会が開いたこのパブリックビューイングでは、なんと!5メートルの巨大スクリーンなど360度、12画面に試合の映像が映し出されました。
観戦用の揃いのTシャツやタオルを身に着け、頬にトンガと日本の国旗のフェイスシールを貼ったラグビーファンらは、スティックバルーンを打ち鳴らし大きなエールを送ります。
そして、トンガ代表が今大会初トライを決めると、会場はこの日一番の大歓声に包まれました。
試合は惜しくも勝利とはなりませんでしたが、トンガ代表チームの健闘を称えて大きな拍手が送られました。
イベントの司会を務めた我が社のスタッフによると、この後行われた日本VSアイルランドの試合では、日本が優勝候補のアイルランドを破り、会場のボルテージは一気に最高潮に達したそうです!そんなW杯期間中、島原市では市内の小・中学校の児童・生徒にトンガ料理給食が提供されました。
子どもたちにとってはじめてのトンガ料理でしたが、おいしそうに口に運びあっというまに平らげていました。
私も食べてみたかったです。
(A)

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る