記事

さわやか!地域おこし協力隊 Vol.4

光野 竜司島原の皆さん、こんにちは。
地域おこし協力隊の光野(みつの)です。
この度、島原の農作物をインターネットで全国に販売していく会社を設立することとなりました。
島原へやってきて9か月、農家さんをはじめとした市民の皆様さん、また島原市のご協力のもと、ようやく実行へ移せる段階ま
で進めてくることができました。
島原半島は農業の一大産地であり、とても貴重で価値のある素材が多いと私の目には映ってきました。しかし首都圏から見る
と、どうしてもブランド・イメージが根付いておらず、埋もれてしまっている状況にあります。この現状を打破するためにも、全
国へ「島原産」をアピールしていく必要があります。その一環として、新会社による「しまばら野菜」の全国販売へ向けた取り
組みを行っていきます。
ただ、単にインターネットを通じて販売していくというだけではありきたりなもので、競合も多数存在します。こういった相手や他の産地と如何に差別化していくの
か、如何に話題性を持たせるのかという点が大切なことと感じ、4か月ほどの時間を使って地道に計画を進めてきました。
ここでは具体的な説明はいたしませんが、農家さんの会社への関わり方や会社組織の形態、また商品の売り方について特異の仕組みを作っています。ご興味のあ
る方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡いただければと思います。
なおこの事業計画に関しまして、総務省による「地域おこし協力隊ビジネスアワード事業」の1つとして採択されました。
この事業は地域おこし協力隊の充実や地域への定住・定着を促進するため、地域の課題解決や地域活性化に向けて起業に取り組む隊員の取り組みをモデル事業として
採択し委託調査事業として実施されたものです。
概要に関しては総務省のページをご覧になってください。
(地域おこし協力隊ビジネスアワード事業で検索)
島原の地域力の底上げ、第一次産業の活性化のために取り組ん
でおりますので、応援よろしくお願いいたします。

気軽に、いろんな情報を教えてください

0957-62-8029(地域おこし協力隊直通)

seisaku@city.shimabara.lg.jp

よそもん×じげもん

関連記事

ページ上部へ戻る