記事

くらしの情報@もっぱらしまばら

くらしの情報

大好評につき第2弾!前回と打って変わって、今回のテーマは「結婚」。
(株)ウエディング石川・石川景士社長が皆さんの疑問・質問に分かりやすくお答えします。
これから結婚を考えているカップルの皆さん必見です!

株式会社ウエディング石川 代表取締役 石川 景士さんにお話をお聞きしました。

最近では個性的でこだわりがつまったウエディングが増えていると聞きます。そんな中、結婚式を挙げる意義とは何ですか?

人の一生で自分の為だけに多くの人が集まってくれる機会って何回あると思いますか?
一般的に出生時・結婚式・葬式の3回だといわれています。
その中で、確実に記憶に残るのは結婚式だけなんです。
また、けじめをつけ永遠の愛を誓う場所であり家族や友達みんなをどれだけ大切に思っているか伝える場所。
そして今までありがとう、これからもよろしくお願いしますという気持ちを言葉にして直接言える機会があるのが結婚式なんです。

くらしの情報①

 

ウエディング石川さんの提案する結婚式の特徴は何ですか?

弊社では一般的な式の型にとらわれない「テーマウエディング」を推奨しています。
『おふたりの「好き」「こだわり」×「ウエディング石川」=想像を超える笑顔・感動の披露宴!!』を目指しています。
趣味・趣向が人それぞれ違うように、主役のお二人・ゲストが心から楽しめる式にするために、同じ提案が当てはまることってまずないんです。
だからこそ弊社のプランナーには、御結婚されるお二人のことを良く知り、一緒になって楽しめるオリジナルウエディングを提案するようにしています。
プランナーと言うよりは、カウンセラーみたいですね(笑) 「テーマウエディング」を取り入れてから、式を挙げて頂いたお客様には好評ですね。
例えば、共通の趣味が写真のカップルの場合、披露宴会場で半年かけて撮影したお二人の作品の個展を開きました。
また、思い出の料理がおでん・焼きそばだった時には、それを料理のコースに取り入れたこともありましたね(笑)

くらしの情報②

 

年新たなスタイルを取り入れてリニューアルすると伺ったのですが、どういった内容ですか?

そもそも現在の結婚式のスタイルは、西洋↓東京↓地方の順番で日本中に広まる傾向があります、島原半島が田舎だからというのは最先端のウエディングを提供出来ない理由にはならないと考えています。

私を含め弊社のスタッフは、NYや全国各地の会場を実際に目で見て肌で感じています。
また、業界の研修・情報交換会に積極的に参加させています。
お客様に満足して頂くウエディングを提案するスタッフ育成が一番大事だと考えていますが、空間デザインもとても重要だと思っています。
心地よい空間があってこそソフトの力が生かされるのです。
そこでなんと、今回リニューアルデザインを今NYで活躍中のデザイナー、ルイス・ミラー氏にお願いしました。
現在写真や動画などをNYへ送っています。
夏前にはお披露目出来るのではないでしょうか?コンセプトは【NY・ブルックリン・ナチュラル・やさしさ・癒し・おしゃれ・・・】です。
またウエディング石川というネーミングを変更する予定です。
今までの歴史に感謝をし、その気持ちを前面に出すお客様に愛されるネーミングを考えています。
来年はブルックリンスタイルを発表し「リブランド」致します。

くらしの情報③

 

 

最後になりますが、この仕事のやりがいは何ですか?

どの結婚式にも、実際に御結婚されるお二人と同じ思いを持ってプランニングさせて頂いています。
その達成感は唯一無二のモノだと思います。
「ありがとう」と感謝の言葉を頂いた時、この仕事のやりがいを感じます。

くらしの情報2

 

「くらし」に関する疑問・質問はお気軽に
カボチャテレビ・FMしまばらまで
FAX:0957-63-3575「くらし」情報宛まで
mail:kurashi@shimabara.jp

関連記事

ページ上部へ戻る