記事

島原市シティインフォメーション

深まりゆく秋を迎え、山の紅葉や温泉を目指して少し遠出をしたくなる気持ちになります。旅と言えば列車やバス、船などの乗り物が楽しみの一つでもあります。
日本では明治の産業改革と共に、人々の行動範囲は大きく変わりました。明治5年、新橋~横浜間を日本で初めて、イギリスより輸入した蒸気機関車が走りました。1号機関車です。
おそらく当時の日本人の驚きぶりはかなりのものだったと思います。

「陸蒸気」という言葉が残っていますが、国内の鉄道網は広がりをみせ、その後どんどん新しい機関車が輸入され、1号機関車は忘れ去られようとしていました。
しかし、明治44年、島原鉄道創業の1号機関車として再び脚光を浴びる事となり、大正、昭和と島原半島を走り続けました。
作家 阿川 弘之氏の絵本「きかんしゃ やえもん」のモデルもこの1号機関車です。

昭和5年、この1号機関車は国へ返還される事となり、島原駅で盛大な送別式が行われ、当時の島原鉄道社長 植木 元太郎氏が「惜別感無量」のプレートを付けて送り出しました。
現在、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で国の重要文化財として、保存・展示されています。
本市にはこのような素晴らしい鉄道の物語(ストーリー)があります。
この物語をこれからの地域活性化や鉄道の存続に、若い世代や女性などの意見を取り入れて、未来のために継いで行こうと思います。

関連記事

イチオシ加盟店

  1. リサイクル九州・島原
  2. 海産物センターきた田
  3. ビ・セラ&BODY STUDIO HOTELシーサイド島原店
  4. 有限会社サトーコーポレーション(環境エコ事業部)

加盟店一覧

最新号

こちらもどうぞ!

いいね!もおねがいします

島原街ネタ研究所

ページ上部へ戻る